銀座カラーで脱毛のときムダ毛の剃り忘れの対応は?

脱毛する前には基本的にムダ毛の処理をシェーバーにて行うことになっていますが、部位によっては手が届きにくく、うまく剃れないところがあります。顔やワキ、腕、足、VとIラインは自分で剃れたとしても、うなじや背中、腰やOラインは見えにくいうえにチェックしづらいので剃り忘れることが多いのです。
銀座カラーでは顔やワキなど剃りやすい部分を剃り忘れた場合、そこだけ次の予約時の施術にまわすことになります。これ以外のうなじから背中など剃り忘れが起きやすい部分は、無料でシェービングを行っています。ほかのサロンでは有料、または一切シェービングのサービスはしないところもあるので、銀座カラーを検討する際の参考にできます。
そんな銀座カラー脱毛のシェービングですが、決まりとして感染症などを防ぐため、利用者が持参したシェーバーのみでサービスをしてくれることになっているので、予約当日は自分のシェーバーを持参することになります。サロン側で使いまわしを利用していると、衛生面で不安が出てきてしまうからです。
その持参するべき自分のシェーバーですが、持っていくのを忘れてしまった場合には、うなじや背中など見えにくいところも一切剃り忘れがなく、1本もムダ毛が残っていないケースのみ施術を進めることができます。また、剃り忘れがあるけれどシェービングをしてほしいというときは、銀座カラーで用意しているシェーバーを購入すれば、脱毛してもらうことも可能です。